思考のフェイカーになってビジネスで1億稼ぐまで 

ビジネスを自動化しすぎて心が死んだ男のはなし

  • 最終更新日:

この記事は3分で読めます

心が死んだ

こんにちは、青木です。

 

 

この記事では、ある知り合いの事例を話そうと思います。
仮にN君としておきますけど、N君はビジネスの自動化が
めちゃくちゃ得意な人です。

 

 

自分で作業をほとんどしなくても、
勝手に雇った人が働いてくれる。
そんな環境を作り上げました。

 

 

その結果、心が死んでしまいました。

 

 

飛躍しすぎてわからねーよ。

 

 

そんな感想を抱いたと思うので、
経過を話していきますね。

 

 

N君はビジネスの自動化をして、
月に何百万円と入ってくる状態になってました。

 

 

寝ていても、ニコ動やYoutubeみていても、
旅行に行ったり、漫画を読んでいても、
口座にお金が振り込まれるわけです。

 

 

うらやましいですよね。
僕も当時はうらやましかったですw
働かないで稼げるとかサイコーじゃねーかと
思っていました。

 

 

でも、今は、あんまりうらやましくないんですよね。

 

 

それは、勝手にお金が振り込まれるから、
趣味とか、娯楽をあさり始めるんですけど、
数ヶ月そんな生活をすると飽きてくるんですよね。

 

 

何もしなくてもお金が入ってくるから、
仕事をする必要が無いし、趣味とか飽きるほどやったし、
なんか生きている意味あるのかな?
なんて考え始めるのです。

 

 

いやー、この状態は辛いですよ。

 

 

人生が楽しくないんですから。

 

 

で、一時期家に引きこもっていた時期があります。
引きこもっていても、月に何百万と口座に振り込まれるから
一切の不便はありません。

 

 

そんな状況だから、偶に、『飯いこーよ。』
なんて誘ったら、家を出るいい機会になった、
と感謝されたこともあるくらいです。

 

 

なにをしていいのか分からない。
N君はそういっていました。

 

 

いい趣味とか暇つぶしねーかな?
それが口癖でした。

 

 

つまり、あまりにも自動化しすぎて稼ぎすぎると、
心がどんどん死んでいってしまうのです。

 

 

自分が誰かの役に立っているという承認欲求を
満たさないと人はどうやら心が死んでいくようです。

 

 

稼いでいるという優越感は生きていくためには、
ミジンコほどの役にも立たないのです。

 

 

だから、どんなに稼げるようになっても、
誰かの役に立つことをしたほうが良い。
誰かの役にたつというフレーズが偽善的で
嫌いならば、自分が好きな人の役に立てば良い。

 

 

僕は、人間は、
『自分のために頑張ることはできる。
でも、頑張り続けることはできない。』
そう思っています。

 

 

そして、人間は、
『誰かのためにという思いが続く限り、
いつまでも頑張り続けることができる。』
とも思っています。

 

 

頑張り続けるというと、
めんどくせーなと思うかもしれませんが、
こう考えてみてください。

 

 

学校の文化祭を考えてください。
本番より準備が楽しいという人も結構多いと思います。

 

 

つまり、ビジネスで自動化するという事は、
文化祭の準備は一切しないで、
本番だけ参加するようなものです。

 

 

それよりも、大変な思いをしながらも、
友達と苦労して準備している期間のが
充実していて、楽しい時間を過ごしている。

 

 

クラス全員のために成功させたい、
好きな○○さんのために成功させたい、
仲の良い友達のために成功させたい。

 

 

そういう時ほど、楽しく、充実しているのです。
だから、自動化に頼りすぎるとそれらの楽しみを
一切放棄したことになるのです。

 

 

それはあまりにももったいない。

 

 

もちろん、時には自動化をして休みたいときもあるでしょう。
僕だって、あります。

 

 

そんときゃ、休めばいいんです。
お金に困ることはないんですから。

 

 

でも、戻ってくる場所を作っておかないと、
N君みたいに心が死んでいってしまいます。

 

 

ビジネスじゃなくても良い、
利益が出なくてもいい。
自動化でお金には困らないんだから。

 

 

でも、『誰かのために』、『必死に』なれる
そんな場所、仲間を持っていないと、
その人生はむなしいものになってしまうのです。

 

 

ちなみに、N君は今は自分もいちプレイヤーとして
またビジネスを始めています。

 

 

それが暇つぶしなのか、
心から頑張れる場所を見つけたからなのかは、
今度会ったときにでも聞いてみたいと思います。

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕はネットビジネスでサラリーマンの給料を

軽く越すだけの金額を稼いでいます。


ですが、そんなことを言っても、
めちゃくちゃ怪しいですよね。


君には才能があっただけだろ?とも言われます。
そんなことは一切無く、やっていることは
稼いでいる他の人と変わりません。


才能なんて必要なく、スキルや実力なんて、
そんなものは練習すればなんとでもなります。
むしろ、練習していない人が多いのでやれば差をつけられます。


どんな人でも稼げるし


学んでいけば誰でも自信とスキルを得て稼ぐこともできる
僕がどんな風に思考し、稼いでいるかの過程を
下記の記事では公開しています。


月収100万を超えるまで青木はどう思考したか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【下記画像をクリックして、物語の続きを読む】

 

bana

 

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

 

あわせて読みたい

  1. 本を読むときに頭の中に声が聞こえるか?

    2016/05/1922:47

    ニューヨーク大学の研究で読書をするときに、頭の中に声が聞こえる人と聞こえない人がいるという事が判明したらしいです。  そして、その声のことを一部では、『内なる声』と呼ばれているみたいです。  この中二病ぽいセンスは大好きですw  さて、ネッ...

  2. sennryaku
  3. sainou
  4. sainou
  5. 贋作者
  6. gannsaku99

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの理念とプロフィール

28

 

初めまして、
青木です。

 

思考をフェイクしようという理念でブログを書いています。

 

僕は高校時代に病気にかかり、

何も出来ない状態のときに起業して、毎月数百万円以上の利益を出す生活をしていました。

 

怪しいですよね。
そりゃ、怪しいですよ、僕だって怪しいと思って書いていますから。


ですが、そのような世界だってあるんだということを
知ってもらいたいのです。


その上で、このブログを読んでもらいたいのです。


このブログのテーマは、
『理金一体~イデアの世界へ~』
りきんいったいと読みます。

 

なんだそりゃ?ですよね。


説明していきます。

理は理想の生き方、夢、目標。
金は現実的成功、経済的自由、お金。

 

これらを指しています。

そして、理金一体とはその両方が融合・調和して一体となっている状態です。

 

僕はそのような生き方を目指しています。

 

つまり、理や金のどちらかに偏るのではなく、理想と現実の両方を満たすことが人生を豊かにしていきます。


どうやってそこを目指していくのかを詳しく知りたい方は下記から読んでください。

 

理金一体~イデアの世界へ~

RETURN TOP