思考のフェイカーになってビジネスで1億稼ぐまで 

常識を鵜呑みにすると必ず失敗する

  • 最終更新日:

この記事は2分で読めます

常識なんて知らない

こんにちは、青木です。

 

 

『よく起業したい!』
という人と話す機会があるのですが、
大体、周りの人に反対されているんです(笑)

 

 

やってみろ!と背中を押してくれる人が
本当に少ないと感じています。

 

 

で、そういう声を聞いていると、
このまま起業していいか心配になるんですよ。

 

 

特に、家族とか親しい友人ほど、本気で心配して
反対するわけだから余計に止めたくなる。

 

 

でも、ちょっと考えてみて欲しいんですが、
その家族や友人は起業のプロですか?

 

 

もしも、起業のプロで明確な根拠を
提示できるのならば従ったほうがいいかもしれません。
ですが、そうでないのなら、従う必要ないです。

 

 

その人たちはいわゆる『世間の常識』で
反対しているだけです。

 

 

常識とか正直クソだと思っているんですけど、
その理由は常識は多数派が作るものだからです。
(あ、ちなみにビジネスの常識ですからね。
さすがにマナーとか礼儀の常識はクソと思ってませんw)

 

 

ビジネスに置いては多数派、マジョリティーに居るうちは
稼ぐことが出来ません。
常にマイノリティーでないといけないのです。

 

 

マジョリティーということは、
みんな同じに見えるという事です。
皆同じならだれに頼んでも同じです。

 

 

そうしたら、商品なんて売れるわけねえ。

 

 

誰かと違う、『あなた』だからこそ、
提供できるものがあるんですけど、
その話は逸れるので置いときましてw

 

 

とにかく、ビジネスに置いて稼いでいる人は、
果たしてマジョリティーとマイノリティーどちらか?

 

確実にマイノリティーですね。

 

 

じゃあ、常識を作っているのは、
稼げていないマジョリティーの人達。

 

 

稼げない奴のいう事を聞いていても、
稼げるようになんか一生ならねーよ。
だから、常識なんか無視して良い。

 

 

もっと、別の視点から見ると、
ドリームキラーという存在が居ます。

 

 

常識を盾にして、夢を邪魔してくる存在ですね。
冒頭に書いた家族や友人もドリームキラーに
当てはまります。

 

 

応援してくれたり、よりよい提案を全くしないで、
常識を盾にさも正論化のように話す厄介な存在。
でも、彼らを憎んではいけません。

 

 

彼らはただ見ている世界が小さいだけなのです。
というよりも、知識が無いだけなのです。

 

 

例えば、実際に僕の知り合いに居るんですが、
大学時代に起業して1年で2億稼いだ人もいれば、
起業1年で1日で1000万のコンサルを企業から取っている人や、
誰でも知っているような大企業のコンサルタントもいます。

 

 

そういう人たちと話して、そういう世界があると知っているから、
そりゃ、まあ、稼げるよねぇ。
という感想しか出てこないんですがw

 

 

そういう人たちと話していなければ、
一切、稼ぐビジョンなんか想像できないわけです。
だから、自分の中の基準で判断して邪魔するのです。

 

 

ただ、見ている世界が小さいだけ。
自分の世界に引きこもっているだけ。

 

 

そんな人のいう事は無視すれば良い。
時間がもったいないから。

 

 

ドリームキラーの言う常識は、
単なるその人の見ている世界の狭さでしかない。
そこから外れれば、可能性はかなり溢れている。

 

 

だから、常識なんか鵜呑みにしているうちは
稼げるようにならねーよ、という話でした。

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕はネットビジネスでサラリーマンの給料を

軽く越すだけの金額を稼いでいます。


ですが、そんなことを言っても、
めちゃくちゃ怪しいですよね。


君には才能があっただけだろ?とも言われます。
そんなことは一切無く、やっていることは
稼いでいる他の人と変わりません。


才能なんて必要なく、スキルや実力なんて、
そんなものは練習すればなんとでもなります。
むしろ、練習していない人が多いのでやれば差をつけられます。


どんな人でも稼げるし


学んでいけば誰でも自信とスキルを得て稼ぐこともできる
僕がどんな風に思考し、稼いでいるかの過程を
下記の記事では公開しています。


月収100万を超えるまで青木はどう思考したか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【下記画像をクリックして、物語の続きを読む】

 

bana

 

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

 

あわせて読みたい

  1. menntarburokku
  2. netasagashi
  3. 本を読むときに頭の中に声が聞こえるか?

    2016/05/1922:47

    ニューヨーク大学の研究で読書をするときに、頭の中に声が聞こえる人と聞こえない人がいるという事が判明したらしいです。  そして、その声のことを一部では、『内なる声』と呼ばれているみたいです。  この中二病ぽいセンスは大好きですw  さて、ネッ...

  4. ichioku
  5. joshidaisei2
  6. seikounohanntai

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの理念とプロフィール

28

 

初めまして、
青木です。

 

思考をフェイクしようという理念でブログを書いています。

 

僕は高校時代に病気にかかり、

何も出来ない状態のときに起業して、毎月数百万円以上の利益を出す生活をしていました。

 

怪しいですよね。
そりゃ、怪しいですよ、僕だって怪しいと思って書いていますから。


ですが、そのような世界だってあるんだということを
知ってもらいたいのです。


その上で、このブログを読んでもらいたいのです。


このブログのテーマは、
『理金一体~イデアの世界へ~』
りきんいったいと読みます。

 

なんだそりゃ?ですよね。


説明していきます。

理は理想の生き方、夢、目標。
金は現実的成功、経済的自由、お金。

 

これらを指しています。

そして、理金一体とはその両方が融合・調和して一体となっている状態です。

 

僕はそのような生き方を目指しています。

 

つまり、理や金のどちらかに偏るのではなく、理想と現実の両方を満たすことが人生を豊かにしていきます。


どうやってそこを目指していくのかを詳しく知りたい方は下記から読んでください。

 

理金一体~イデアの世界へ~

RETURN TOP